最新情報

2016年1月31日
移動販売車でイベント
野外イベントは人と人の心をつなぎます
野外イベントと一言でいっても、いろいろな種類がありますね。まずは、伝統的な行事です。ちょうちんに火を灯して、や・・・
2016年1月18日
移動販売車でイベント
野外イベントのために必要なもの
野外イベントをやりたい、それが夢であるということであればそれをどのように実現できるのか、そんなことを漠然と考え・・・
2016年1月10日
ケータリングカー関連記事
野外イベントのいち押しフードといえばタコライス
“海が好きなので、海岸で開催される野外イベントにはよく参加しています。爽やかな潮風を受けながら海辺・・・
2015年12月25日
移動販売車でイベント
野外イベントで屋台を出す時に好まれるメニューの特徴
自分のお店のメニューを野外イベントでも販売したいという経営者の人は多いと思います。 普段はお店に来てくれるお客・・・
2015年12月12日
ケータリングカー関連記事
どのケータリングカーを買うかは迷いどころ
 ケータリングカーを買うときに、どんなケータリングカーを買うかはそのビジネスのゆくえを占う重要な選択といえます・・・

野外イベントは人と人の心をつなぎます

野外イベントと一言でいっても、いろいろな種類がありますね。まずは、伝統的な行事です。ちょうちんに火を灯して、やぐらの周りで踊ったり、神輿を担いだりといったお祭りが、これに該当します。次に考えられるのは、ある品物の販売会でしょう。

古本の即売会や、農産物の販売などが主なものです。また、近年になって新しく行われるようになったものとしては、全国各地の地域おこしのために作られたキャラクターを選んだり、庶民的なグルメの味を競い合いといったものも挙げられます。

では、なぜ野外イベントは行われるのでしょうか。伝統的な祭りは農作物の豊穣などを神仏に祈願するためのものですが、ただ祈るだけであれば寺や神社や、あるいは各家庭で行うこともできます。販売のために行われる野外イベントも同じことで、学校の体育館のような場所や、ホテルのロビーを使っても良いはずです。

ここで考えられる理由としては、単に祈ったり物を売ったりという目的を果たすのみならず、建物の外という空間が重要であるということがあります。たとえ見知らぬ人が集まっていたとしても、建物の中というのはプライベートな空間です。その一方で、屋根がなく、青空や夜空に覆われた開放的な場所であれば、誰もが晴れ晴れとした気持ちになって、一体感を生み出すことができるのではないでしょうか。

インターネットが普及した現代社会においても、野外イベントは重要な意味を持ちます。ただ歌手やアニメの声優が出演する行事を見るだけであれば、どこかに出かける必要はありません。多くはインターネットのライブカメラで配信されており、パソコンやスマートフォンを使って接続すれば、無料または格安でみることができるからです。ただ、画面越しにそれを見るのと、実際に野外イベントに参加するのとでは臨場感がまったく違います。

広々とした場所で、ほかのファンたちと一緒に好きなアーティストを応援したほうが、心と心のつながりが強くなりますし、思い出としても残りやすくなります。また忘れてはいけないのが野外イベントの名脇役である移動販売車の存在です。やっぱりこれがあるのとないのとでは会場の雰囲気が違いますからね。【出張料 移動販売車】とネットで調べてみて頂ければ思ってい以上相場が安いことが分かります。イベント側もじゃんじゃんケータリングカーを呼んで欲しいものですね。

野外イベントのために必要なもの

野外イベントをやりたい、それが夢であるということであればそれをどのように実現できるのか、そんなことを漠然と考えるようになります。頭の中でイベントの様子を思い浮かべてそこでどんなショーをすることができるのか、盛り上げるためになにかできるのか、理想とするようなイベントを想像していき、その期待を高めていくことができます。

とはいえ、そのようにやりたいと思うだけで実際には実行に移すことができなかったという人たちもたくさんいます。また企画はしたものの、企画倒れになってしまった人たちもいることでしょう。

たとえばイベントを盛り上げるのに欠かせないケータリングカー 募集一つとってもなかなか大変だと聞きます。野外イベント開催にはそれなりに壁が多いのです。そのようになってしまっては本当に残念ですが、計画を実行できなかったのはなぜか、あるいはなにがあれば実行できたか、そんなことを考えてみることは今後につながっていきます。

多くの場合実行ができなかったのは、自分を支持してくれるようなサポーターが増えなかったということがあるかもしれません。それは大きなことであり、協力者がいないと盛り上がることは難しく、中には物事を積極的に考えることができずに消極的になってしまい、反対するような人たちさえ現れることがあるのです。

そのようなときに、かなりの強い意志がなければあっという間に気持ちが萎んでしまって元気がなくなり、やっぱりやめようかということになってしまうのであり、その気持ちに打ち勝つためにはサポーターが必要になるのです。数人だけで企画を進めていくと必ず壁にぶつかりますのでそれを打ち破る強さは多くの仲間たちがいるときにできるのであり、やはりいかにして協力してくれるような仲間をつくることができるかが成功の秘訣になるのです。

その他にも問題になるのは、資金でありお金が集まるかということ、そして使った分をしっかりと回収ができるのかどうかということです。大赤字で終わってしまったということであれば後で大変なことになり、やらなかった方がよかったという不満が爆発してしまうかもしれません。

野外イベントのいち押しフードといえばタコライス

“海が好きなので、海岸で開催される野外イベントにはよく参加しています。爽やかな潮風を受けながら海辺で聴く音楽は最高です。夏ともなれば、全国あちこちの海岸でいろんな野外イベントがゲリラ的に開催されており、学生の頃から足繁く通っていました。最近はSNSを通じた情報伝達が発展したため、あれこれ調べなくても、どこかでイベントが開催されるのなら自然と耳に入ってきます。ネット黎明期だった学生の頃はとにかく口コミが頼りだったので、今はすごく便利な時代になったなと思います。

ところで野外イベントの楽しみと言ったら、音楽やロケーションもさることながら、やはりご飯です。地方の野外イベントに参加したときなどは、郷土料理を出してくれる飲食店に必ず赴くようにしています。地元の素材をふんだんに使った地方の料理は地味あふれていて私は大好きです。

また、野外イベントにはどこからともなくケータリングカーに現れて、料理の移動販売をしてくれます。たこ焼きやお好み焼きといった定番の粉物から、トルコ料理のケバブサンドやタイ料理のトムヤムスープなどの変わり種まで、実にいろいろなケータリングカーがあります。そのため、野外イベントに行くたびにたくさんのケータリングカーに目移りしてしまうのですが、これが出店されているときは必ずそれを食べる、そんなお気に入りの野外飯があります。

それは、タコライスです。タコライスといっても海に泳ぐタコのライスではありません。タコライスは、メキシコ料理のタコスの具であるひき肉やチーズ、トマトなどをご飯の上に盛って、甘辛いサルサをかけた沖縄料理とのことです。さすが沖縄という感じで、これが実に海に合う料理なのです。

灼熱の太陽の下でもタコライスがあれば食欲旺盛、パクパクと食べてしまいます。家で自分で作ることもありますが、ケータリングカーで食べるときほど美味しくなく、タコライスはやはり海辺で食べるものなんだろうなと思っています。次の週末にも海岸の野外イベントに行くつもりなのですが、タコライスのケータリングカーが出店してれば嬉しいですね。やはり個人的には野外イベントと言えばケータリングカー キッチンカーという結論にたどり着きますね。花より団子といったところでしょうか。野外イベントの楽しみ方は人それぞれですので問題ありませんよね?

野外イベントで屋台を出す時に好まれるメニューの特徴

自分のお店のメニューを野外イベントでも販売したいという経営者の人は多いと思います。
普段はお店に来てくれるお客さんもイベント会場なら普段来たくてもお店にこれないという人向けに販売出来るのが魅力です。

ただし野外イベントではお店とは違い好まれるメニューにはいろんな特徴があります。
ここでは屋外で好まれるメニューの特徴をご紹介します。

■スイーツは簡単に持ち歩いて食べられるものが人気
スイーツなどをメインに販売しているお店ならカップのパフェ、ケーキ、クレープなどがおすすめです。
歩きながらでも食べられますし、お店の味がそのまま出しやすいからです。
この場合、パフェやケーキは下地のスポンジ部分は予めカップに詰めておき、仕上げの生クリームなどを現地でトッピングすると出来立て感が増して見た目にも喜ばれます。
クレープは専用のプレートがレンタルであります。
クレープの場合は生地の焼き上げからすることになるので、ある程度メニューをシンプルなものにする必要があります。
あとはとにかくスピードが求められるので日頃から練習しておきましょう。

■フード系はスナック、麺、丼が3強
屋台のフード系といえばまずはスナックが一番人気です。
これは飲食店経営の人では無く屋台営業で収入を得ている人が販売している場合がほとんどです。
ただしこういったスナックを食べた人も食事は別にしたいという人は多くいます。
なので飲食店の屋台もメニュー次第で人気が出ます。
飲食店で出しているメニューの中に麺や丼があるのであればまずこれがおすすめです。
店内ではあまり人気が無いメニューであっても屋外のニーズはまた違います。
持ち運びが出来てコンパクトにまとまっていれば簡単に食べられます。
それでもやはり料理感を出したい場合にはワンプレートの容器に盛り込めるように工夫して出すのが良いでしょう。

いかがでしょうか。
店内で好まれるメニューと野外イベントで好まれるメニューはかなり違うことがわかると思います。
屋外でのメニュー選びは大切です。移動販売車で利益を出すのは非常に難しいですが最初のメニューは大事なんです。
ぜひお店のおすすめメニューを食べてもらえるように頑張りましょう。

どのケータリングカーを買うかは迷いどころ

 ケータリングカーを買うときに、どんなケータリングカーを買うかはそのビジネスのゆくえを占う重要な選択といえます。一言にケータリングカーといってもその種類はかなり豊富で、どれを選択するかはなかなか迷ってしまうところです。本当に小さい小型のケータリングカーもあれば、それなりに大きくて迫力のあるケータリングカーもあります。その中で何が販売するのに優れているかは人によって考え方が違いますから、どれを買うかはそれぞれです。ただ、当たり前かもしれませんが、自分が販売しようとしている商品によって買うケータリングカーも大まかに決まってきます。

 たとえば、本当に簡単な調理で作れるものだったら、最低限のケータリングカーで十分ということになります。大がかりな調理工程さえなければ本格的にする必要もなく、後は外観の面だけを何とか整えれば良いだけです。そういう商品を販売するにもかかわらず大仰なケータリングカーを買ってしまったら、ちょっとミスマッチですのでそうならないようにしていかなければならないです。(最悪買わずともキッチンカー レンタルも可能です)

 また、その反対にそこそこきちんとした調理をしなければならない場合には、設備の整ったケータリングカーのほうが良いかもしれません。それならば調理におけるトラブルを極限までおさえられるはずですし、見た目にしっかりしていればお客さんも集まってくれやすそうです。ですので、そんな風に調理して販売するものに合わせたケータリングカーを買わなければいけないです。

 本来なら予算の問題がどうしてもネックになってきますので、好きなケータリングカーが必ずしも買えるとは限らないです。本当は他のケータリングカーが良かったとしても、泣く泣く妥協して違うケータリングカーを買うこともあるかもしれません。しかし、それはそれで受け入れていかなければなりませんし、そこでグダグダと文句を呟いてもしかたがなく、手に入れられるケータリングカーで結果を残していかなければならないのです。

ケータリングカーを遊びつくしてご当地グルメを楽しむ

ご当地グルメは毎年のように流行りや主流となる商品が登場するので、心待ちにしているファンが多いですが、今では変わり種やネタフードというだけでなく、立派なグルメとして定着しています。そのためわざわざ現地に行ってご当地フードを食べるというこれまででは考えられなかったような町おこしや楽しみ方も増えているのですが、それだけ根強いファンが多いと言えます。

また毎年のように開催されるご当地グルメの大会やB級グルメの大会など下火にならないように常に注目を集めるイベントが開催されているので、ファンならずとも毎年楽しみに出来る行事事になっています。
そうした中、ケータリングカーでご当地グルメを楽しむという方も増えてきました。ご当地グルメは発祥店や一部にエリアに限定されることが多いので、わざわざ現地に行かなければ食べれないということもありました。そのため中々食べれない方もおかったのですが、それもご当地グルメならではのレアリティとして良い部分でもありました。
しかし、最近ではモールやショッピングセンターなどでケータリングカーを導入しているところも増えてきました、導入といっても駐車スペースを確保するだけなのですが、クレープやたこ焼きなど定番のグルメから今ではご当地グルメも楽しめるようになりました。

こうしたショッピングセンターやモールで買うことの出来るご当地グルメは、ケータリングカーならではのフットワークの軽さをいかしてその年度に金賞を獲得したような有名ご当地グルメもすぐに味わうことが出来ます。ご当地グルメグランプリを勝ち抜いた店舗などがこうしたケータリングカーでやってくるので宣伝効果は抜群です。そのため周辺地域の方はもちろん少し遠出してでもショッピングセンターにお客が訪れるので、非常に効率的な集客方法になっています。
モールやショッピングセンターにデートや家族連れで行く方も多いですが、ぜひ一度ご当地グルメを目当てに訪れて下さい。しかしケータリングカーを見てると自分でもケータリングカーでビジネスをはじめてみたくなりますね。移動販売車はいくらなのか、レンタルできるのか?移動販売車 改造費はどのくらいかかるものなのか。調べたらそこまでかかるものじゃないかもしれませんし。いずれにしても魅力的なビジネスですよね。

野外イベントの魅力と参加するときの注意点

野外イベントは、開放感を感じることができる魅力があります。
室内ではなく、外でイベントを行えば、自然の空気を感じることができたり、夜空を眺めながらイベントを楽しんでいくことができます。
屋根のない空間で自然を感じながら参加していけば、独特の開放感を感じられるようになるのです。
野外イベントでは、外で歌を歌ったり、演劇をしたりと自由な形で開催していきますが、そこに開放感が加わってくることにより、イベントを楽しんでいくことができるでしょう。
野外イベントでは、開放感とともに、ほかの方との一体感も感じられるようになってきます。
外で行っていくイベントでは、イスが用意されていなかったり仕切りがない状態で行っていくことができるので、隣や周りの方と一体感を持って、場を盛り上げていけるようになるのです。
音楽を聴いている時にも、一緒に口ずさんだり、周りの方と一緒に声を掛け合って盛り上がったりすることができるので、一人で楽しんでいくよりも数段エンジョイすることができます。
イベントに一人で参加しなければいけないと、知らない人たちに囲まれて寂しい思いをすることになりますが、周りの人たちと楽しんでいくことができるので、全く寂しくありません。
逆に、野外イベントに参加してみることで、新しい交友関係を築くこともでき、友達や知り合いを増やしていけるようになるのです。
イベントに参加することで、たくさんのメリットを得られるようになるでしょう。
ただ、イベントに参加するときには、ちょっとしたことに注意していく必要も出てきます。
まず、野外イベントでは、周りの方との距離が近くなるメリットがあるものの、気を使わないとトラブルを起こしてしまうこともあるのです。
知らない人とイベントに参加していく時には、相手に対して神経を使うようにするなどの配慮を怠らないように、気を付けてみるとよいでしょう。
また、お酒が好きな方は飲み過ぎて迷惑をかけないように、気を付けていく必要があります。

誰が参加するかわからないようなイベントって誰が考えてんの?

先日とある情報誌を眺めていたところ、あるイベント情報が目に写り込んできました。そのイベントは野外イベントだったのですが、トマトを口に加えてフルマラソンを走ろう!というものでした。私は一瞬頭が混乱してしまって、何が書いてあるか理解することができませんでした。トマトを口に加えて?フルマラソンを走る?訳が分かりません。このようなイベント、情報誌に広告を出したところで参加者が集まるわけがないのです。

そう思った私はインターネットを利用したSNSを覗いてみることにしました。どのくらいの人がこの広告を見て、どんな反応をしているか気になったからです。案の定、SNSでも非常に話題にされており、誰もが「誰が参加するんだろう」と疑問符を掲げていたのです。

この時点でこのイベントが成功するはずが無いということがわかりますが、一体こういったイベントは一体誰が考えているのでしょうか?そして情報誌に高いお金を払って広告を打つ意味、意図とはなんなのでしょうか?とてもじゃありませんが正気の沙汰とは思えません。
私は今までこういった野外イベントの広告をいくつも目にしてきました。

中には「おっちょっと面白そうだな」と思ったものもありましたが、殆どが今回と同じような奇抜さと目新しさだけを狙ったくだらないものでした。確かに今の時代炎上商法という言葉もあるくらいですから、インターネット上で注目を集めることに意義や意味はあるでしょう。

ですがその先のことも考えておかないと、必ずしもそれが正しいとはいえないのではないでしょうか?そしてその広告が野外イベントのものとなっては、参加者が集まらなければイベントを開催することもできません。収入がどれだけ集まるか集まらないか、それ以前に失敗してしまうのです。

誰が参加するかも想定してないようなイベントを立ち上げるのはよくないということを強く強く念押しさせていただきます。もし野外イベントを開催するつもりなら、ぜひこの記事をもう一度思い出してくださいね。”

ケータリングカーにおけるビジネスは先が見通し辛い

 ケータリングカーにおけるビジネスで先が見通し辛いのは、どのくらいの売り上げになるのか終わってみないとわからないということです。それはケータリングカーにおけるビジネスだけではなく、飲食系のビジネス全般に言えることかもしれませんが、ケータリングカーの場合はその傾向がさらに強くなっていきます。

 そもそも、一般の人がパッと当てずっぽうに想像をしても、ケータリングカーが1日どれくらい売り上げているのかはちょっと分かり辛いです。それは販売している商品の価格にもよりますし、利益を考えるならどのくらい経費がかかっているかにもよります。それによってどのくらいの売り上げ、利益になるかはだいぶ変わってくるわけですが、それについて想像できていない人のほうが多いはずです。

 そうなってくると、ケータリングカーにおけるビジネスにおいて先が見通し辛くなってしまいます。大げさに言えば「今日はこれだけ稼げたけど明日はどうなるのかわからない」ということにもなり兼ねないです。そんな状況を考慮していくと、ケータリングカーにおけるビジネス一本で生計を立てていくのは、不安要素がかなり強いのだと言わざるを得ません。大ヒットすれば大儲けできるかもしれませんが、その分リスクも高いということになります。

 先が見通し辛いということはその分ランニングコスト資金繰りについても困ってしまいやすいということで、実質的な初期投資の額が低かったとしても、だからといって簡単なビジネスモデルではないということがそんな事実からもわかります。

 ただ、それらのリスクを全部ひっくるめた上でケータリングカーにおけるビジネスを始めるのなら、やってみる価値は十分にあります。その覚悟があるのなら多少の困難は乗り越えられるでしょうし、そのくらいの気概がなければ結局は続けることができないです。そこまで考えて始めるならケータリングカーにおけるビジネスはかなり夢がありますし、人生をかけてもおもしろいです。

飲食店を始める時に必要になるノウハウ

飲食店の開店のためには、様々なノウハウも必要になってきます。
飲食店を始めたとしても、継続的に利益を上げていくためには、商売のためのノウハウを知っておくことが重要です。
売り上げを見込めるような店舗を探すことで、ほかのお店に差をつけられるようになるので、利益につながりやすくなってきます。
車が入りやすい場所に店舗があったり、大型の駐車場があれば、来客しやすくなってきますし、駅前などの目立つ場所にお店を開店することで、仕事帰りや遊び帰りの方にも利用してもらいやすくなるのです。
安い賃料で利用できる店舗を利用することも、費用を抑える点で重要になってきますが、それよりも客が入りやすい店舗を探すことを重視して、店舗選びを行ってみるとよいでしょう。
さらに、飲食店では従業員の質も問われることになってきます。
従業員の質がよければ、客が継続して入りやすくなってくるので、売り上げにつながりやすくなってくるのです。
従業員が元気よく対応することができたり、客の要望に敏感に反応することができれば、利用してもらった時の満足度が高くなってくるでしょう。
飲食店では、対応が決め手となってきますが、ほかにも料理の質の高さも問われることになってきます。
料理を食べたときに、そのおいしさに感動することができれば、再度利用してもらいやすくなるのです。
印象に残るような美味しい料理を食べることで、またお店に行きたくなってくるので、リピーター客を上手く獲得していくことができるでしょう。
飲食店の開業を行う時には、色々な点でノウハウが必要になりますが、ノウハウは苦労した経験から養われることがほとんどになってきます。
経験することなくノウハウをもらいたいときには、フランチャイズに加盟してみるとよいでしょう。
フランチャイズに入ることで、店を運営していくために必要なノウハウを教えてもらえるようになってきます。
このノウハウを元にすれば、利益を上げられるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ